審査の甘いキャッシング情報で即日融資即日振込で資金不足を補いましょう!

2010年11月25日

キャッシング 返済遅延

決められた返済日までに返済できないと分かった時にはできるだけ早くキャッシング会社に電話しましょう。


すると必ず「いつなら返済できますか?」と聞かれます。


この時どうしても早めの日時を言いたくなるのが人間の心理です。


でもぐっとこらえましょう。


確実に返済できると思われる日よりも10日ほどあとの日を言いましょう。


キャッシング会社のスタッフがもっと早くできないかなどと言っても、早くしてはいけません。


早くしたら自分の首を絞めることになりますからここは頑張りましょう。


約束した日よりも早くお金ができたらその時は早く返済しましょう。


その方が得だからです。


電話を終えたら、電話メモを書きましょう。


それは、


(1)電話した日時、


(2)相手の名前、


(3)こちらが伝えたこと、


(4)相手が言ったこと


を書きとめておきましょう。


もしICレコーダーを持っていたら電話を録音しておきましょう。


手持ちのICレコーダーにオリンパスのテレフォンピックアップというエアホン兼用マイクを差し込めば簡単に通話録音できます。


銀行、クレジット会社、キャッシング会社にあなたが電話するとほとんどの場合その通話は録音されています。


ですから、おあいこです。


そして、通話の最後にこの電話は録音させてもらいました、と伝えておきましょう。


つぎから応対の態度が違ってきます。


そして電話で約束した返済日がやってきます。


また返済できそうになければ前もって必ず電話しましょう。


キャッシング会社のスタッフに何か言われるのが嫌なので電話をしたくなくなるのはわかります。


でも絶対に電話しましょう。


そしてまた「いつ返済しますか?」と聞かれます。


やはり自分が確実に返せると思える日よりも10日ほど遅い日を返済日として答えましょう。


電話が終わったら電話メモを書きましょう。


できれば通話録音をしておきましょう。


以上です。


でもできれば返済遅延は避けましょう。


それは遅延利息が適用されるからです。


早め早めに返済しましょう。


頑張りましょう。


posted by 審査甘いキャッシングナビ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | キャッシング 返済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170681429

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。